宅地建物取引士証への切替交付についての留意点(大阪府)

宅地建物取引業の業務の適正な実施を確保するため、「宅地建物取引主任者」と
いう名称を「宅地建物取引士」に変更し、宅地建物取引士の業務処理の原則等を規定する宅地建物取引業法の一部を改正する法律が平成26年6月25日に公布され、平成27年4月1日から施行されることとなりました。
 改正に伴う変更のポイント等、詳しくはこちらをご一読ください。

 なお、平成27年4月1日以降も、宅地建物取引士は「宅地建物取引主任者証」を提示することがありますが、同法の経過措置として、有効期限の範囲内の「宅地建物取引主任者証」については「宅地建物取引士証」とみなすこととされており、引き続き有効です。